民事調停という紛争解決の方法をご紹介します。

民事調停の御紹介

アメリカは訴訟大国であり、様々な問題を訴訟により解決しようとする
傾向がありますが、同時に訴訟には時として莫大な費用がと時間が

かかるだけでなく、精神的にも苦痛を伴うものとなります。また訴訟に

おいては当事者双方の利害が対立するものとして現れるため、当事

者間の関係が修復不可能なまでに悪化することが少なくありません。

そのような反省から、まず民事調停による話し合いにおいて問題の

解決を試みるという選択をする人が増加しています。

民事調停においては調停員が当事者間の話し合いに参加して、お互

いの利害を調整しながら、双方がまずまず納得できる妥協に導く行程

を指します。調停の結果は「覚書」の形で書面に記録されます。

調停において話し合われる全ての事項は極秘扱いとされ、その内容が

その後の裁判等において証拠採用されることはありません。また合意

事項の遵守も合意した双方の善意(Goodwill)に期待するものである

ため、合意事項の順守に関してその後問題が生じた場合は再度調停

の場で話し合うか、民事仲裁又は裁判などの方法に訴えて解決を

図ることになります。